鏡を見ていて、ふと「最近肌がたるんできた気がする……」なんて感想を抱いた経験はありませんか?

 

 

とあるアンケート調査では、たるみが気になると答えた女性は9割にも及んだという結果が出たそうです。

 

(Sponsored Link)

 

肌のたるみは老けて見えたり疲れて見えたりと、悪い印象をもたらしてしまうものです。

 

 

どうしてたるみは出来るのでしょうか?美容整形に重点を置いた解消法と共に紹介していきますね。

 

 

肌のたるみの原因とは

biyouseikei

肌(皮膚)は、外側から表皮、真皮、皮下組織の三つに大別することが出来ます。

 

 

そのうちの真皮は肌の本体と言える部分で、肌に弾力を与えるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどといった繊維や基質が存在します。

 

 

これらの成分により肌の弾力が保たれているのですが、これらの質が変化することで弾力が失われ、たるみが発生します。

 

 

これがたるみの生じる原因の一つです。

 

 

二つ目は、皮下脂肪が肥大化することによります。

 

 

皮下脂肪は脂肪の大部分を占めており、エネルギーを蓄えたり、体温を保ったりする役割があるのですが、

 

 

加齢と共にこれらの機能が衰え、皮下脂肪が肥大化し、その結果下方向に垂れてしまい、たるみとなって現れるのです。

 

 

三つ目の原因としては、筋肉の衰えによります。

 

 

基本的に手足の筋肉は骨につきますが、顔の表情筋に関しては皮膚に直接ついています。

 

 

また、手足の筋肉と同じように表情筋も低下していきます。

 

 

皮下脂肪や皮膚が重力に負けて垂れてしまうのです。これらの事象が起こる要因には様々なものがあります。

 

 

乾燥でたるみが促進?

肌荒れの原因として名高い乾燥は、肌のたるみも引き起こします。

 

肌が乾燥すると保湿力や抵抗力が弱まり、肌の生まれ変わりが正常に行われなくなるために、肌の弾力が失われてしまうのです。

 

 

紫外線によるたるみ

紫外線は波長の長さで種類が分かれるのですが、波長の長い紫外線は、窓やガラスも通過するほどで、薄い膜である表皮も通過し、真皮まで到達します。

 

そうして、コラーゲンやエラスチンといった繊維が破壊され、たるみが生じます。

 

 

ストレスが原因のたるみ

ストレスは心だけでなく、体にも負担をかけます。

 

具体的には、血管の収縮が起きたり、免疫機能や細胞の繁殖力が低下したりと、肌の生まれ変わりを妨げる上、外からの刺激にも弱くなってしまい、肌が荒れやすくなるのです。

 

 

活性酸素による老化

活性酸素というのは、酸素が体内に入った後に変化した物質です。

 

本来は体を守る働きを持つのですが、細胞を酸化させる働きも持つため、真皮のコラーゲンやヒアルロン酸にダメージを与え、皮膚細胞を老化させてしまうのです。

 

 

生活習慣の悪化

十分な休息や栄養がとれなかったり、喫煙の習慣があったりすると、肌にも多大な悪影響が生じます。

 

 

肌のたるみをフォトフェイシャルで改善?

(Sponsored Link)

 

 

たるみを美容整形で解消する方法

biyouseikei

たるみを防止する方法はいくつかありますが、ここでは美容整形を利用する方法をご紹介します。

 

 

たるみを解消するためには顔のリフトアップする手術を行うのですが、非常に多くの種類があり、どの施術を受ければいいのかわからない、という方も多数いらっしゃるようです。

 

 

ほうれい線やたるみにヒアルロン酸の効果とは!?

 

 

糸を用いたものや、皮膚を切除するものが割とメジャーなようですが、ヒアルロン酸等を注入する施術や、レーザー等を照射する施術などもあるようです。

 

 

糸を用いたリフトアップでは、糸でたるんだ部分を引き上げるものと糸を埋め込むことで皮膚の組織を活性化させ肌質を良くするという、肌を引き締めるものがあります。

 

 

「フェザーリフト」や「スレッドリフト」という施術は前者に含まれ、更に糸の種類や素材、留め方でより細かい分類がされるようです。

 

 

こうした糸を用いた施術は効果が弱く、大きな改善が見込めないことと、長く維持が出来ずにたるみが再発してしまうというデメリットが存在します。

 

 

切る施術は、ひたいやこめかみ、頬、顎、首のうち、1~5箇所を切除して行うものをリフトアップとすることが多いようです。

 

 

頬のリフトアップの場合はフェイスリフト、ミニリフトと呼ばれることもあり、他にも切除する部位によって様々な呼び方をされ、切除する面積や深さによっても違いが現れ、多彩な種類があります。

 

 

切るリフトアップでは、期待できる効果が大きいものの、肌へのダメージが大きいので、その分リスクや肌の休息期間が増え、最近では他の施術の方に人気が流れている傾向にあるようです。

 

 

注入系、照射系の治療は、たるんだ組織を引き上げるというよりも、膨らんでしまった部分やくぼんでしまった部分のボリュームを改善するための施術になります。

 

 

肌質の改善には多大な効果をもたらしますが、たるみ改善という点では効果が薄く、持続時間も短い傾向にあります。

 

 

持続性やリスクに関しては一長一短あるため、ひとつの施術を受けるよりは、複数の施術を受けた方が良い場合があります。

 

 

リスクが少なく持続性の高い施術の組み合わせとして、眉の下を切開するものと、スプリングスレッドという糸を用いた施術が効果的なようです。

 

 

眉下切開の場合は額や目の周りのたるみに効果があり、リスクの割には効果や持続性の高い施術になっています。

 

 

また、スプリングスレッドに用いる糸は、伸縮性と耐久性に優れており、顔のように筋肉を動かすことが多い部分でも効果が持続しやすく、

 

 

ほうれい線や顔の正面のリフトアップもすることが出来る施術になっています。

 

 

どの施術を受けるにしても、リスクと持続性を鑑みて決めることが重要です。

 

 

ベル美容外科クリニックの金の糸!楽しんごさんも口コミで評判!?

 

 

(Sponsored Link)