怪我をした時の傷やニキビなどもそうですが、子どもの頃のほうが細胞が活発に動き、

 

 

代謝もいいので自然治癒力が高いと考えられます。

 

(Sponsored Link)

 

18・19歳でも美容整形のメリット・デメリット

biyouseikei-osusume

 

メリットは、若いうちにメスを入れたほうが、後々目立たなくなる!

たとえばちょっとメスを入れたりレーザーをあてるくらいならば、

 

 

むしろ早いうちにやったほうが自然に周囲と馴染んで傷跡なども見えなくなってくれます。

 

 

いじめの対象になりにくくなったり、メイクがカンタンになるケースも

ただキレイになりたいというだけではなく、外見が理由でいじめを受けており、

 

 

それを改善するために美容整形を考えている場合もあります。

 

 

ほんの少しメスを入れることで自分に自信がつき、

 

 

二度とかえってこない青春時代を思いっきり謳歌することも良い選択肢です。

 

 

また、一重を二重瞼にするなどのケースは、メイクの手間をはぶき、

 

 

あれこれ化粧で隠す必要がなくなるのでむしろ肌に良い場合があります。

 

 

後々二重まぶたテープなどを使って瞼をかぶれさせ、

 

 

老化を進めてしまうよりも美容整形したほうが一度で終わってキレイに済むかもしれません。

 

 

メンテナンスにお金がかかるので、ガッツリ働ける若いうちがいいという説も。

美容整形は内容が増えるほど、メンテナンスにお金がかかります。

 

 

人間の体は成長時にも老化時にもじわじわ変化をもたらすものです。

 

 

一度の手術で済む内容はむしろ少なく、

 

 

どんな部位であってもその都度成長に合わせてメンテナンスが必要です。

 

 

こう書くと「年を取ってから一気に手術する」と思いがちですが、

 

 

きちんと後々のメンテナンスまで考えていないと稼ぎたくてもある程度の年齢になると稼げる額が決まってくるので、

 

 

「払えない!メンテナンスできない!」というリスクが高くなります。

 

 

むしろ若いうちにある程度整形に興味を持ってもらい、

 

 

「整形のメンテナンスにこれくらい費用がかかるから、仕事を頑張ろう」という風に、

 

 

人生設計の中に組み込んでしまったほうが良いでしょう。

 

 

デメリットは、若すぎて色々なものが変わる事に伴って起きる。

まず、若いうちに体内に異物を入れてしまうと、

 

 

その後起きるたるみ・シワなどの変化についていけなくなってしまいます。

 

 

歳をとって皮膚がたるんで全体的に下がってきているのに、

 

 

一部分だけ不自然に浮き上がるなど極端な特徴が出てきてしまうことも。

 

 

特に豊胸や鼻にプロテーゼなどの入れ物をすると周辺組織を圧迫してよくない影響を与えることも。

 

 

豊胸手術は安全?脇に傷や跡は大丈夫?

 

 

その時だけはよくても、数年後はむしろやらなかったほうが鼻が高い、

(Sponsored Link)

 

 

という結果になることも往々にしてあります。

 

 

また、その時代のトレンドに合わせていじってしまうと、

 

 

さらに月日が流れてトレンドが変わった時に困ります。

 

 

たとえば眉毛などを入れ墨にする方法ですが、

 

 

今は困り眉や太目の眉毛がトレンドですよね。

 

 

眉毛のタトゥーが流行った時は細くて吊り上がった眉毛が人気だったので、

 

 

考えずにその時のトレンドにしてしまって後で後悔…ということも。

 

 

眉毛を描くべき場所も顔の筋肉のたるみと共に下にズレてしまい、

 

 

とても不自由な想いをしているのだとか。

 

 

目の大きさや角度、頬骨やおでこのカタチなど、

 

 

流行に感化されすぎる人ほど熱狂的に「今こうなりたい!」と強く願い、

 

 

そしてその後に「流行が違うから変えたくてたまらない」という状況に陥ってしまうもの。

 

 

整形手術を何度も繰り返すのは、

 

 

こうした「いつの時代もいちばん輝いていたい」という気持ちからくるようです。

 

 

そもそも未成年でも美容整形は受けられる?

biyouseikei-osusume

 

答えは限りなくYESに近いというのが実情です。

美容整形の内容によって、適応する年齢は異なります。

 

 

医師の見解によっても異なるので、絶対にダメというものではありません。

 

 

特に、早い時期におすすめしたい内容の整形手術もあります。

 

 

それは、黒子やアザの消去です。

 

 

手術でメスを入れたり、レーザーで焼いたりする場合、

 

 

肌の代謝が活発で細胞も新しい時期に取り組んだほうが、

 

 

将来キレイになおる可能性が高いと考えられるからです。

 

 

この場合、5〜6歳からでも整形手術が可能とされています。

 

 

また、「目がおかしいと虐められる」「鼻のカタチがおかしいと馬鹿にされた」などの嘲笑の対象になってしまい、

 

 

外見の違いがいじめの原因になっている場合も、整形手術で改善をはかることができます。

 

 

鼻の形に関しては、男性は18歳以上、女性は16歳以上であれば形を変えても問題ないと言われています。

 

 

子どもの成長の度合いが早まっている傾向があり、

 

 

ある程度その年齢までに来ると成長が止まるというデータもあるようです。

 

 

ただし、一重瞼や二重瞼の手術、それと八重歯の抜歯、歯並びの調整は少し慎重さが必要です。

 

 

一重が20代を超えて二重になる場合があったり、

 

 

歯を無理やり抜くことで顎のカタチがずれていくことなどのデメリットがあります。

 

 

これも人それぞれ状況によって異なりますので、

 

 

「なぜ美容整形したいのか」「自分は美容整形したら、どんなメリットやデメリットがあるのか」

 

 

といったことを踏まえてから医師に相談しましょう。

 

 

美容整形を高校生でも可能なの!?

 

 

(Sponsored Link)