コラーゲンと言えば、額などに出来たしわを薄くしたり、また、肌に潤いや張りを改善が出来る事で人気ですよね。

 

 

だけど、コラーゲン注射を使って効果があるのか、また、実際にどれくらいの費用がかかるのか知りたいと思いませんか。

 

 

(Sponsored Link)

コラーゲン注射の効果とは?

chusya

私達の体内では肌はもちろんですが、筋肉や血管、靱帯など身体のあらゆる部分にコラーゲンが存在しています。

 

 

肌のツヤやハリを保つためにはコラーゲンがキーポイントとなります。

 

 

また、コラーゲンの生成が活発な肌は新陳代謝も高いので、メラニンを排出することにつながり、結果的にシミの予防に高い効果を発揮するのです。

 

 

しかし、残念な事がありまして、コラーゲンは年齢とともに減少をしてしまいます。

 

 

そのため、シワやたるみ、シミなど様々なエイジングのサインを招いてしまいます。

 

 

「それだったら、コラーゲンを注入すればいいのでは」「そのためのコラーゲン注射ではないの」と声が聞こえて来ますね。

 

 

しかし残念ながら現在の段階では、コラーゲン注射で肌の弾力や回復まで至っていません。

 

 

コラーゲン注射の方法とは!?

主に行われているのは、シワやたるみなど肌の凹んだ場所にコラーゲンを注入しています。

 

 

そうすると部分的に盛り上がり見た目からも目立たなくさせる方法なのです。

 

 

コラーゲン注射が最も有効的な場所は、眉間や目じり、額など顔の表情で出来るほうれい線、口角横のシワ。

 

 

たるみによって下がる瞼に目の下のシワ。

 

 

コラーゲン注射は、顔全体のリフトアップをさせる事よりも比較的に皮膚の薄い部分ごとに効果が適しています。

 

 

コラーゲン注射を注入にかかる時間は、10分程度と短時間で終わります。

 

 

また、極小麻酔を使う事で痛みも最小限と抑えます。

 

 

また注射後、腫れなどはほとんどないのでメイクも出来ます。

 

 

ただ、気を付けなければいけない事もあります。

 

 

それは、コラーゲン注射を皮膚に直接注入するので、行う場所はきちんとして施設で行えば、

 

 

それなりに高い美容効果は来てい出来ますが、デメリットもある事踏まえて対処しましょう。

 

 

コラーゲン注射のデメリットとは

私達の身体はすべての栄養素やコラーゲンは、胃腸で消化吸収される事で体内に循環し不要な物を排出されるメカニズムで成り立っています。

 

 

それを、無視して皮膚に直接に注入されれば身体はどうなるのか。

 

 

その部分のコラーゲンに合成能力が衰えてしまうからです。

 

 

結果としては、一時的に肌を潤いを与える事が出来ても、長期的には老化を早めてしまう可能性があります。

 

 

また、コラーゲン注射を打っても効果は6か月程度しか持ちません。

 

 

しかも、注射で溶液を打つ事で皮膚を伸ばされているので、効果が無くなると、以前よりもシワが深くなる事になります。

 

 

それと、感染に侵される可能性があります。

 

 

何故なら、体内の消化器官を通さないで直接にコラーゲン注射をするのですから、感染リスクがあります。

 

 

体内に直接に注入するとアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性もあるので、アレルギー検査を事前に行いましょう。

 

 

そのため最近では、コラーゲン注射からヒアルロン酸注射に移行されてきています。

 

 

何故なら、コラーゲン注射では様々なデメリットが多く最近では、ヒアルロン酸注射にが主流になってきているからです。

 

 

ヒアルロン酸なら感染やアレルギー反応など心配はありませんし、効果も1年程持続されます。

 

 

 

ただし、体内での合成能力は衰えてしまうのは、コラーゲンと同じです。

 

 

コラーゲンとヒアルロン酸の美容の効果とは!?

 

 

コラーゲン注射の料金・値段とは?ヒューマンコラーゲンが人気?

chusya

コラーゲンにもいくつかの種類があります。

 

 

主に使われているのは、子牛の皮膚から抽出したコラーゲン注射が最も一般的に使われています。

 

 

そして、次に使われているのが、ヒューマンコラーゲンと呼ばれているヒト線維芽細胞が原料になっているコラーゲン注射です。

(Sponsored Link)

 

 

基本的に、ヒューマンコラーゲンはヒト線維芽細胞が原料のために特にアレルギー反応を引き起こすことはないといわれいます。

 

 

他にも、自分の脂肪からコラーゲンを抽出したオートコラーゲンと呼ばれているコラーゲン注射や、また、スーパーコラーゲンと呼ばれているコラーゲン注射があります。

 

 

コラーゲンを摂取する方法に、コラーゲン注射は最も効果があります。

 

 

ですが、効果が高いために費用もかなり高額になります。

 

 

基本的にコラーゲン注射の料金ですが、病院によっても様々です。

 

 

一般的に使われている子牛の皮膚から抽出されたコラーゲン注射の料金は、10000円からになります。

 

 

その効果は、2カ月から6か月の効果になります。

 

 

アレルギー反応があらわれる場合がありますので事前にテストする必要があります。

 

 

また、検査費用も別途になります。

 

 

ヒューマンコラーゲンの料金は15万円と掛かりますが、効果としては1年間継続になります。

 

 

それ以外にも、診察代や麻酔代など別途で必要になります。

 

 

コラーゲン注射で膝の痛みを解消できる?

chusya

膝の痛みって聞くと変形性膝関節症と言われています。

 

 

股関節を支える筋肉を鍛えることで、この変形性膝関節症の痛みを緩和するができます。

 

 

しかし、筋肉を鍛えるだけでは、痛みは再発します。

 

 

何故なら、軟骨がすり減るから再発が起こすので、膝の痛みの原因でもある変形性膝関節症を改善させるには、筋力トレーニングだけではなく、軟骨を再生させることが必要です。

 

 

間接軟膏を再生させるには、コラーゲンが有効と聞きます。

 

 

コラーゲンは、人の皮膚、血管、内臓、軟骨などに含まれているタンパク質です。

 

 

その量を見ると全タンパク質の3割にも及びますが、関節軟骨にも同じことが言えます。

 

 

関節軟骨は殆どが水分です。

 

 

後はコラーゲンで出来ています。

 

 

そこで、膝痛にコラーゲン注射は効くのかと思います。

 

 

コラーゲン注射を打つのは、膝に水が溜まった時に使う事があります。

 

 

その処置としては、水が溜まっている膝の水を抜きます。

 

 

その後にコラーゲン注射を打ちます。

 

 

先程にも書きましたが、膝は殆どが水分であり、コラーゲンで出来ています。

 

 

水を抜いた膝にコラーゲン注射を打つには、潤滑油と思っていた方が良いかと思います。

 

 

膝の水を抜くっと言う事は、コラーゲンも抜いてしまう事になります。

 

 

そこで、コラーゲン注射を打つ事で、潤滑油の代わりにもなります。

 

 

ですが、コラーゲン注射を打ったからもう大丈夫と思わない事です。

 

 

コラーゲン注射の効果は、個人差もありますが持続性はありません。

 

 

また、週に1回と定期的に打たないと効果はありません。

 

 

個人差にもよりますが、1カ月かかる方もいれば半年もかかる方もいます。

 

 

なので、コラーゲン注射は持続性がないのです。

 

 

では、痛みはと言うとこれもかなり痛いですが、抜いた後は膝の腫れも引いて楽にはなります。

 

 

 

現在は、美容皮膚科だけではなく、整形外科でもコラーゲン注射からヒアルロン酸注射に移行されています。

 

 

サプリメントで関節痛を解消?

chusya

膝関節症に良いと言われているのが、非変性Ⅱ型コラーゲンです。

 

 

非変性Ⅱ型コラーゲンは眼球や軟骨に含まれているコラーゲンですが、非変性Ⅱ型コラーゲンを補給することで関節症に効果的といわれています。

 

 

つまり、非変性Ⅱ型コラーゲンを補給することは軟骨の材料を摂取していることにつながります。

 

 

コラーゲンの注射で効き目がないと感じた時は、非変性Ⅱ型コラーゲンを摂取してみることをおすすめします。

 

(Sponsored Link)