フォトフェイシャル美顔器はどの商品も安くはないので、機能面や、痛みの強さ、ダウンタイムの期間などをじっくり考えた上で購入しましょう。

(Sponsored Link)

 

フォトフェイシャルで効果がある家庭用の美顔器TOP3

1位:ケノン・フォトフェイシャル

fotofacial-kouka

 

ケノンフォトフェイシャルは、家庭用のフォトフェイシャル美顔器です。

 

スキンケア用のカートリッジと脱毛用のカートリッジがあるのですが、スキンケア用のカートリッジを本体にセットすると、エステサロンや美容整形外科と同じく光の一種であるIPL(インテンスパルスライト)が照射できますので、しみ、そばかす、くすみを薄くする効果が期待できます。

 

加齢によってターンオーバー(肌の新陳代謝)が遅くなってメラニン色素が沈着してしまうと、しみ、そばかすになってしまいます。

 

ですがIPLを照射すると、メラニン色素に反応して肌の表面にしみ、そばかすが浮き上がってきます。すると一時的にしみが濃くなったように見えますが、それはターンオーバーが早くなったからです。

 

継続して使い続ける事でターンオーバーがどんどん早くなり、しみ、くすみが薄くなるという原理です。

 

IPLを照射して得られる効果はそれだけではなく、熱エネルギーによって肌が引き締まり、毛穴の開きやしわが目立たなくなります。

 

IPLの光は肌トラブルが起きている箇所にだけ作用するので、正常な皮膚組織に負担をかけません。

 

ケノンの詳細はこちら

 

 

2位:トリア・スキンエイジングケアレーザー

fotofacial-kouka

 

トリア・スキンエイジングケアレーザーは、フラクショナルレーザーを照射する家庭用のレーザー美顔器です。ケノンフォトフェイシャルと違い脱毛機能はありません。

 

フラクショナルレーザーとはレーザーを点状に細かく照射し、小さな傷をつけてダメージを与える事で肌を活性化し、ターンオーバーを促進して、しみ、そばかすをはがれやすくするレーザーです。

 

フラクショナルレーザーは、今現在美容整形外科でしか施術を受ける事はできないのですが、トリア・スキンエイジングケアレーザーなら自宅で簡単にフラクショナルレーザーを照射できます。

 

唯一の家庭用のフラクショナルレーザー美顔器です。一つ難点なのが、強い痛みがあるという事です。

 

照射出力がレベル3まであるのですが、トリア・スキンエイジングケアレーザーを実際に使った人の多くが言っているのが、レベル1は少しチクチクする程度で我慢できなくはないが、レベル2以上はとても痛いのだそうです。

 

痛みに弱い人はその部分をしっかり考慮しましょう。

 

トリア・スキンエイジングケアレーザーの公式サイトはこちら

(Sponsored Link)

 

 

3位:エピナード

fotofacial-kouka

 

エピナードは1位のケノンフォトフェイシャルと同じくIPLを照射できる家庭用のフォトフェイシャル美顔器です。

 

カートリッジを冷やす機能が搭載されているので、ケノンフォトフェイシャルと価格も基本的な機能もほとんど同じなのですが、大きな違いとしては、照射範囲が狭いというところです。

 

ですので、肌トラブルの改善効果はケノンフォトフェイシャルより劣るかもしれません。

 

エピナードの公式サイトはこちら

 

 

家庭用のフォトフェイシャルの選び方に迷っている方はケノンがおすすめ!

fotofacial-kouka

 

様々な種類があるフォトフェイシャル美顔器。どれにしようか迷っている方も多いと思います。

 

特におすすめなのがケノンフォトフェイシャルです。その理由は多くの人が買っている商品だという事です。

 

あの大手ネットショッピングサイト楽天市場の美顔器部門において売上ナンバーワンであり、2位の約100倍の売り上げを誇ります。

 

IPLは広範囲に照射が可能

しみ、そばかすを薄くする別の方法としてはレーザーがありますが、レーザーの場合は照射範囲が狭いので、照射回数が多数になってしまうのに対して、IPLは広い範囲に照射できるので、レーザーに比べて照射回数が少なく済みます。

 

IPLを照射する美顔器の中でもケノンフォトフェイシャルは最も照射できる面積が広いですので、1回のスキンケアにかかる時間は早いですし、2週間に1回の使用で良いので、継続して使い続けても面倒ではありません。

 

そのうえ独自の「空冷システム」を搭載しており、カートリッジを冷やしながら照射するので、保冷剤で冷やしたりする手間も省けます。

 

1番のメリットとしては痛みが少ない

出力レベルが10段階になっているので、肌の弱い方も使っていただけます。そして、嬉しいポイントが脱毛も出来るというところです。

 

脱毛用のカートリッジに付け替えると、スキンケア用と同じくIPLが照射できます。

 

毛根のみを破壊するIPLは肌に刺激を与えることなく、脱毛が可能となりますので、肌を傷めることもありません。

 

ケノンフォトフェイシャルの最安値・価格

ケノンフォトフェイシャルの価格は税込69,990円です。

 

IPLが照射できる美顔器なのでやはり安くはないのですが、同じく光を照射する美顔器としてはLED美顔器というものがあり、LED美顔器の方が価格は安いのですが、照射出力を調整する機能が無い事が多いですし、照射面積が狭いので、何よりも重要である効果が現れない可能性があります。

 

しかし、ケノンフォトフェイシャルはLED美顔器のおよそ2倍の照射面積があり、広い範囲に照射できますので、ケノンフォトフェイシャルはおすすめです。

 

ケノンの詳細はこちら

 

 

(Sponsored Link)