二重の手術法には埋没法と切開法がありますが、埋没法は半永久的に持続するものでは無く、

 

 

多くは数年で糸が緩む、取れてしまうといった事態が起こります。

 

(Sponsored Link)

 

なので埋没法で二重をキープする為に、数年毎に埋没手術を受けられる方が大勢おられます。

 

 

二重まぶたの埋没法の寿命!糸が取れる前兆とは?

 

 

二重の切開法の概要

メスを使用しないので手軽に受けられるとは言っても、

 

 

基本的には埋没法で入れた糸は次の埋没法の手術を行う際には取り除かないので、

 

 

まぶたの中の糸が増えてまぶたがゴツゴツしてしまったり、

 

 

糸がまぶたの内側から出てしまう等で炎症の元となってしまう可能性があります。

 

 

数年毎に何度も痛い思いをしなくてはならないのも苦です。

 

 

二重の切開法では一度の手術で半永久的に二重が手に入ります。

 

 

「いつ取れるのか?」と言う心配をしなくとも良いので精神的にも楽ですし、

 

 

手術が痛そうと言った声もありますが、

 

 

手術にはもちろん麻酔を使用するので痛みはそれ程感じません。

 

 

二重の切開法を受けてみたいと思われている方の中では、

 

 

術後の痛みや腫れが心配と言った声も多く聞かれます。

 

 

また、近年では男性も美容に関して大変関心が高い傾向にありますね。

 

 

なので男性専用のクリニックがあったり、美容整形外科にカウンセリングに来る男性も増えています。

 

 

男性で二重術を受けられた方では、二重で自信が付いた、コンプレックスが解消されたと言った口コミの他、

 

 

女性から好感を持たれるようになった、一目置かれるようになったといった嬉しい副効果や、

 

 

二重切開術で眼瞼下垂が治り、肩こりが楽になった等の嬉しい副効果が見られた方もおられるようです。

 

 

女性だけでなく男性で目元にコンプレックスを持たれている方にも二重術で切開法はおすすめです。

 

 

二重の切開法の経過!ダウンタイムや腫れは?

futae-sekkaihou-keika

 

二重の切開法はご存知の通り、まぶたを切開して二重のラインを作る手術です。

 

 

切る幅により部分切開法、全切開法があり、ただ切るだけではなく、

 

 

目の状態に合わせてまぶたの中の瞼板前脂肪組織、中間結合組織を切除する方法、眼窩脂肪を切除する方法、

 

 

瞼板前軟部組織を切除する方法や他にもまぶたのたるみが二重形成の邪魔をする際には皮膚を切除する方法等もあります。

 

 

どういった手術方法を行うかやその人の元々の体質、

 

 

手術の上手い下手、麻酔の注射量や手術中のまぶたの緊張の有無等によって、

 

 

術後の腫れや内出血の状態は違いますが、一般的に言われている切開法の術後の経過について説明していきます。

 

 

まず最初に、二重術では埋没法でも切開法でも、

 

 

個人差はありますが術後は腫れや痛み、赤み、人によって内出血を起こします。

 

 

これらの症状がある場合には日常生活が制限されてしまいます。

 

 

よってダウンタイムと言ってこれらの症状が引くまでの期間、

 

 

日常生活に支障を来さないようになるまでの期間を予め知っておく必要があります。

 

 

切開法の場合、術後の腫れは当日から3日程がピークで1週間後には目元の不自然さや目立つ腫れはおおよそ無くなっています。

 

 

全切開法の場合には切る幅が部分切開法よりも大きい為に腫れやすく、

 

 

これよりもう1週間程腫れが目立つ場合もあります。

 

 

腫れが完全に引くまでは部分切開法ならばおよそ1か月、全切開法であればおよそ3か月かかり、

 

 

内出血が起きてしまった場合には術後2-3週間で赤紫色から黄色に変化します。

 

 

痛みについては術後に麻酔が切れた際に引きつったりジンジンするような痛みが見られますが、

 

 

クリニックでは術後に冷やしてくれたり頓服の痛み止めを処方されますので耐えられない程痛いということは無いようです。

 

 

大抵の場合はダウンタイムは最低1週間を見ておけば仕事や学校に支障は無いように思います。

 

 

二重切開法で左右の差などが不自然に?完成の期間は?

(Sponsored Link)

 

 

二重の切開法は男性にもおすすめ?

futae-sekkaihou-keika

 

最近は美容に関心の高い男性が増えており、目元に関してはアイテープやアイプチを使用したり、

 

 

二重に有効なマッサージを行って二重を作っている男性もいます。

 

 

もちろん、プチ整形を行って二重になる男性も大勢おられます。

 

 

なんだか美容外科は女性が行くイメージで足を踏み入れにくいと感じる男性もおられると思いますが、

 

 

最近では美容外科を訪れる男性の割合は20%を超したそうです。

 

 

需要が増えて来た為に男性のクリニックも開かれています。

 

 

手軽に二重術が受けられるようになった今、コンプレックスに悩んで時間を費やすのは勿体ないです。

 

 

とは言え男性の症例としてネット上に挙げられている情報もまだ少ないのが現状です。

 

 

男性が切開法を受けるに当たって注意しなければならない点等を説明していきます。

 

 

まず最初に切開法を受けるに当たって決めなければならないのが二重のデザインですが、

 

 

男性の場合は普段化粧をしない為に顕著にその違いが表れるので整形がバレやすいです。

 

 

整形がバレるのはなるべく避けたいと言う男性は多いです。

 

 

そういった方は女性に人気の幅の広い平行二重では無く、幅の狭い幅の二重を作る、末広型や奥二重にすると良いです。

 

 

幅が狭いと術後の腫れも目立ちにくいですし、末広型や奥二重だと自然に目力アップが図れますので整形後も気づかれにくいです。

 

 

奥二重にしただけでも黒目の露出部分が多くなるのでかなり印象は変わります。

 

 

実際に男性で目元の整形を行う方でも幅の広い二重より末広型や奥二重で幅の狭い形を選ばれる方が多いようです。

 

 

コンプレックスを解消出来るだけでなく、ネット上の口コミでは、女性からモテるようになった。

 

 

自信を持って異性と話が出来るようになったといった声が多く聞かれました。

 

 

眼瞼下垂症と言う眼精疲労や肩こりに悩まされる症状がありますが、

 

 

切開法を行った男性の中には二重でコンプレックスを解消しただけでなく、

 

 

その症状も無くなったという口コミも挙げられます。

 

 

こういった効果が期待出来るのであれば手術を受けてみたいという人もおられると思いますが、

 

 

やはり術後の腫れや内出血が心配だと思う人も多いと思います。

 

 

末広二重や奥二重で幅の狭い二重に設定すれば、腫れの具合もそれ程強く出ないことが多く、

 

 

数日で腫れも引く場合がほとんどなのでダウンタイムとして、

 

 

2〜3日の休みを取れば腫れや赤み等が目立たたないことがほとんどといえます。

 

 

実際に男性で末広型や奥二重の切開法を行った方の経過を見ても術後もそれ程大きな腫れはなく、

 

 

帰りは普通に電車に乗って帰れた、普通に外出出来る程度の腫れだったという口コミも見られました。

 

 

とは言え、心の持ちようもありますし、赤みや内出血で人目が気になるという方もおられると思います。

 

 

女性であれば、術後に気になる部分があればメイクである程度は隠せますが男性はそうも行きませんよね。

 

 

術後の腫れや内出血を隠す為に男性におすすめなのが眼鏡です。

 

 

眼鏡をかけるだけでそれらはある程度カバーすることが出来ます。

 

 

術後1週間も経てばまじまじと見られない限りはバレません。

 

 

眼鏡はカラーレンズやフチが太いものの方が傷跡を隠せる為バレにくいです。

 

 

その他、あまりにも内出血等が気になる場合にはコンシーラーを使うのも手です。

 

 

コンビニやドラッグストアで購入出来ますし赤みや内出血の部分をカバーすることが出来ます。

 

 

薄く塗れば化粧をしているようにも見えません。

 

 

予め術後の腫れを予測してこれらの準備をして置くと良いかもしれません。

 

 

メイクをする習慣の無い男性にこそ二重術で特に切開法は元に戻る心配も無い為、おすすめ出来る施術だといえます。

 

切開法でおすすめの美容整形外科トップ5

 

 

(Sponsored Link)