鼻は顔の中心に位置する為に、最も印象に残りやすいパーツです。

 

 

鼻の形が整っていると顔のバランスが良く見えます。

 

(Sponsored Link)

 

綺麗になりたいのであれば真っ先に優先すべきは鼻です。

 

 

ですが、鼻の変化はちょっとしたものでもわかりやすくバレやすいです。

 

 

それに顔のバランスを左右する鼻ですのでメスを入れるのには少し勇気がいります。

 

 

そういった際にお勧めなのがヒアルロン酸です。

 

 

ヒアルロン酸を注入することで鼻筋の通った高い鼻にすることが出来ます。

 

 

芸能人で整形は当たり前と言われますが、その中でも高須クリニックは芸能人御用達ということで有名です。

 

 

高須クリニックでヒアルロン酸注入をしたかもしれない芸能人についても言及していきます。

 

 

高須クリニックで鼻へヒアルロン酸を施術した芸能人は?

0123-47

 

鼻の美容整形には鼻を高くする手術、小鼻を小さくする手術、鼻先を細くシャープにする手術等がありますが、

 

 

ヒアルロン酸の注射は鼻の整形をするうえで、鼻筋を通す効果を得られます。

 

 

鼻を高くする整形は、プロテーゼを鼻に挿入するのが有名な方法となります。

 

 

術後に腫れや赤みが出てしまいます。

 

 

その点ヒアルロン酸注入はメスを使用しないので腫れは少なく、術後すぐにメイクが出来る為に、

 

 

常にテレビ等で顔を晒さなければならない芸能人にとってこれは大きなメリットだと思います。

 

 

また高須クリニックは、芸能人が整形を行う為に通うことでも有名で、最近では高須クリニックの高須克也院長が、

 

 

紅白では僕の作品が大勢出ていたと発言されたことも有名ですので、

 

 

高須クリニックで整形を行っている芸能人が多いことが容易に伺えます。

 

 

高須クリニックでは鼻のヒアルロン酸による整形でも従来のものに加えてシャープラインノーズと言って、

 

 

従来よりも効果の長持ちするヒアルロン酸注入を行っていたりもしますのでそれを受けに来る芸能人もおられるかと思います。

 

 

高須クリニックで鼻のヒアルロン酸注入を受けたのでは無いか?と考えられる芸能人について解説していきます。

 

 

板野友美

高須克也院長が紅白は僕の作品がたくさんとおっしゃられてから真っ先に整形が疑われたのがAKBメンバーです。

 

 

その中でも特に整形疑惑でよく浮上するのが板野友美さんです。

 

 

インターネット上ではアバター顔とささやかれています。

 

 

このアバター顔と言うのは不自然な鼻を意味し、正面から見て鼻が横に広がり太くなっていたり、

 

 

横から見た場合には眉間から鼻が生えていたり、これら両方を併せ持つ鼻のことがそう呼ばれるようです。

(Sponsored Link)

 

 

ヒアルロン酸は柔らかいジェル状をしているので、大量に鼻に注入すれば鼻は高くなりますが、横にも広がってしまうことがあります。

 

 

また、入れる箇所でも、眉間から鼻の根元部分にかけて多く注入し過ぎた場合には、

 

 

横から見ると眉間と鼻の根元部分が同じ高さだったり、鼻の根元部分の方が高くなってしまって不自然な鼻になります。

 

 

板野友美さんの場合には横から見ると鼻の付け根が不自然に目立ち、

 

 

額部分から鼻が真っすぐに伸び、高くなっていて違和感があると噂されています。

 

 

浜崎あゆみ

板野友美さんと同様に整形疑惑でよく浮上するのが浜崎あゆみさんです。

 

 

インターネット上ではサイボーグなんて呼ばれています。

 

 

昔からの写真を順を追って見てみると、団子鼻から急に鼻筋の通った高い鼻になり、

 

 

横から見るとやはり鼻の付け根の部分が高く不自然な感じがします。

 

 

鼻を整形しているのは間違いなく、プロテーゼ、又はヒアルロン酸注入をしているのではないか?という噂があります。

 

 

他、男性アーティストでは、高須克也院長が演歌歌手では整形している人が多いと言った発言をしていることから、

 

 

森進一さんや、郷ひろみさんなんかもインターネット上での鼻の整形疑惑が浮上しています。

 

 

高須クリニックの鼻へのヒアルロン酸注射の特徴

0123-45

 

従来のヒアルロン酸は柔らかいジェル状を採用しており、鼻を高くする時に注入します。

 

 

鼻は高くなるのですが、軟らかく、水分も吸収しやすい為に横にも広がってしまい、

 

 

鼻が高く、太くなってしまうといった欠点や、ヒアルロン酸は人の体内にもある成分で徐々に体内に吸収されていくのですが、

 

 

効果がおよそ1年で2〜3年で体内に吸収されてしまうという欠点がありました。

 

 

高須クリニックではシャープラインノーズと言って新しいタイプのヒアルロン酸を導入しています。

 

 

シャープラインノーズは従来のヒアルロン酸に比べて水分を吸収しにくい為、

 

 

ヒアルロン酸が広がってしまい鼻が横に広がり、太くなるといったことが起こりません。

 

 

また、従来のヒアルロン酸に比べて密度が2.5倍と高く、粘度や硬さもあるのが特徴です。

 

 

なので鼻筋に多く注入しても不自然に広がらない為により鼻筋をくっきり通すことが出来ますし、

 

 

従来のヒアルロン酸に比べて持ちも良いという特徴もあります。

 

 

注入量にもよりますが、大体持ちは従来のヒアルロン酸に比べて3倍程持続性があり、

 

 

5〜7年かけてゆっくりと体内に吸収されていきます。

 

 

また、人の体のPHに近づけて作られている為に、注入する際に痛みがほとんど無いというのも大きな特徴です。

 

 

(Sponsored Link)