自分の胸が小さいことに悩んだことはないでしょうか?

 

 

「もっと大きかったらスタイル抜群で自分に自信を持てるかも・・・。」なんて思ったことはないでしょうか?

 

(Sponsored Link)

 

「バストアップするために色々と自分なりに調べて試してみたけどだめ、どうしよう。」

 

 

「いよいよ豊胸手術についても少し気になりだしてきたけど・・・。」なんて思っていないでしょうか。

 

 

豊胸手術はいくらする?平均価格・金額・予算について

houkyou

まず、現在豊胸手術は様々な方法で行われています。

 

 

昔ながらの胸にシリコンなどを埋め込む方法や現在ではメスを使わなくても手軽にできる注射で行う豊胸術なども出てきています。

 

 

その中でも一般的な3つの方法についてやり方の説明と金額相場についてご紹介しますね。

 

 

・ヒアルロン酸注入法

内容:メスを使わずにヒアルロン酸を注射するだけで理想のバストへとしてくれるプチ整形術です。

 

もっとボリュームがほしい方や授乳後のしぼんで垂れてしまったバストに最適です。

 

 

メリット:

注射だけなので施術時間が短く、入院も必要ないので会社など休む必要がありません。

 

また、注入する量の調節が可能なので少しずつ徐々にバストアップも可能です。

 

 

デメリット:

ヒアルロン酸の持続性は永久的なものではなく、種類にもよりますが1~3年になります。

 

また、1~2カップそれ以上のバストアップになってくると費用もだいぶかかってくるのでバッグ挿入式の方が安くすむ場合があります。

 

ダウンタイム:ほとんど必要ありません。

 

費用:100ccあたり15万円~45万円と種類によって差があります。

 

 

 

・バッグ(人口乳腺)挿入

内容:シリコンジェルや生理食塩水などを胸の一部を切開し、乳腺下、大胸筋下などに挿入する方法です。

 

※現在ではバッグの内容物も様々なものがあり、どの位サイズアップしたいのか、さわり心地をどのようにしたいのか?によって内容物を選ぶことができます。

 

 

メリット:

他の豊胸術と比べて3カップアップなど大きなサイズアップが可能です。

 

ヒアルロン酸注入などで3カップ以上注入するよりも費用的にはリーズナブルになります。

 

また、身体に吸収されることがないので長期間バストアップを持続することができます。

 

 

デメリット:

メスを使って少し切開しバッグを入れるため、若干の傷跡が残ります。

 

胸の弾力性は他の方法よりはどうしても劣ってしまうことと、バッグが強い衝撃を受けたりするとバッグが破損する可能性があります。

 

その場合は、直ちに処置する必要があります。

 

また、個人の皮膚の柔らかさ(伸び)などでサイズアップの幅が決まってくるので事前のカウンセリングが必要です。

 

 

ダウンタイム:

挿入するバッグのタイプや切開の範囲によっても個人により違いますが、手術後3〜5日程度は固定する必要があります。1週間前後で抜糸を行います。

 

また、腫れは1,2週間ほどあり、通院も数回必要です。

 

 

費用:23万円~100万円程度が相場です。

 

使用する内容物、サイズアップによりかなりの幅が出ます。

 

 

 

・脂肪注入法

内容:自分体から余分な脂肪を吸引し、その脂肪を注射で注入する方法です。

 

この余分な脂肪はお尻やお腹、太ももなど自分の気になる場所から採取することが可能です。

(Sponsored Link)

 

 

メリット:

さわり心地が自然の柔らかさです。

 

また、注射による豊胸術なので傷跡が残らず、自分の脂肪なので後遺症などもありません。

 

気になる部分から脂肪を採取するので、その部分はスッキリとします。

 

体に異物をいれないのでアレルギー反応を起こすことがないので安心です。

 

 

デメリット:

サイズアップが可能なのは1~2カップくらいとなっています。

 

一度に大量の脂肪を注入してしまうとしこりができてしまうからです。

 

また、注入した脂肪が全て吸収されバストアップするかといいますとそうではないのです。

 

およそ半分くらいがバストとして定着するかどうかです。

 

これは個人差がでてしまうので実際にやってみないとなんともいえないのが実状です。

 

しかし、良質の脂肪だけを取り出して注入する方法もあり、そうれを行うと定着率もかなりアップします。

 

料金はグンと上がりますが検討の余地ありですね。

 

 

ダウンタイム:

1週間ほど必要となります。

 

また、バストの腫れも出てきます。シャワーは3日程度、入浴は1週間程度できないです。

 

 

費用:15万円~130万円となります。※プラス脂肪吸引の費用も別途かかります。

 

 

上記で豊胸術の方法や予算などをご紹介しましたが、世の中の豊胸を考えている人たちがどの位を予算に考えているのか?って事も少し気になりますよね。

 

 

こればかりは、自分がどの位バストアップしたいのか、さわり心地をどうしたいのか、

 

 

質の良いバストに仕上げたいのかなどなどその人の要望によって幅がありすぎてしまうのでなかなか一概には言えないのです。

 

 

 

専門の医師達が高度な技術を用いて万全の体制で行いますので、「どんなバストになりたいのか?」

 

 

について自分なりにまとめてから先生に相談し、自分で納得のいく金額に近い方法で施術することをおすすめします。

 

 

豊胸で病院選びを間違わない方法!全額返金保証の注意点!

 

 

豊胸手術をするうえでカウンセリングの重要性とは

houkyou

せっかく豊胸手術をするのだから、自分の理想に叶ったバストが作れるのか?とっても大切なことですね。

 

 

提示された料金に含まれているものは何か(カウンセリング、手術代、薬代、麻酔代など)どこからどこまでが料金ないなのかは本当に重要なことです。

 

 

実際に豊胸手術をすることになった際に色々と不安がでてくると思いますので、そんな時の為に事前のカウンセリングの重要性について確認しておきましょう。

 

 

まずは、理想のバストを手に入れるためにしっかりと聞いてくれるかどうかが大切です。

 

 

①どのくらいの大きさにしたいのか

②谷間をつくりたいか

③理想の柔らかさ

④胸の悩んでいる点

 

 

自分の中でしっかりと整理し、医師に伝えることによって施術方法や使用する成分などが変わってきます。

 

 

また、手術後の後遺症や合併症状について大丈夫なのか?

 

 

自分の体のことなので気になりますよね。

 

 

理想のバストについて先生にお伝えしたら施術方法を説明してくれると思いますので、しっかりそのメリット・デメリットについて事細かに確認するとよいですね。

 

 

理想のバストを手に入れるために金額、方法、アフターケアなどよく検討し、あなたにあった最適な方法を探すことが大切ですね。

 

 

理想のバストアップに期待大のナグモクリニックとは!?

 

 

(Sponsored Link)