外国人の場合は、目鼻立ちがはっきりしていて、

 

 

目は二重だし、鼻は高いし…と、モンゴリアン系のアジア人から見ると羨ましい限りですよね。

 

(Sponsored Link)

 

鼻へのヒアルロン酸の注射の現状

鼻を高くしたいというニーズは凄く日本にはあって、ヒアルロン酸を使うと目に見えて、鼻がスラっとなりますし、

 

 

注射で施術は終わってしまうので、簡単で、すぐに実生活に戻れるということもあって人気がとても高いです。

 

 

ヒアルロン酸は、人間のもともと体内に含まれているということもあって、時間が経つに連れて、身体がヒアルロン酸を吸収するので、実害がないとされています。

 

 

鼻のヒアルロン酸の料金やおすすめは!?

 

 

ただ、ヒアルロン酸を吸収するということは、ヒアルロン酸でせっかくすっきりした鼻筋が元に戻ってしまうということになります。

 

 

したがって、ヒアルロン酸で鼻の手術(というよりも注射)をした場合には、きちんとメンテナンスをしないといけないということでもあります。

 

 

このようにヒアルロン酸を注射をするということは、身体虹は実害がないという、安全性もあり、信頼をされていることもあって、多くの人が利用をしています。

 

 

鼻の整形で後遺症?リスクは?

kouishou

ところが、実際には、ヒアルロン酸の整形で失敗をしたという話は実はとても多いのです。

 

 

一つは、注射をした医師の医療的な技術が不足しているケースがあります。

 

 

もう一つは、医療事故に近いようなケースがあります。

 

 

ヒアルロン酸自体は人間に対して悪さをするということは、基本的にはありません。

 

 

もちろん、こういう場合には個人差というものがありますから、注射をしてみたけれども、何か体調が悪くなったという人もいるでしょう。

 

 

ここで問題なのは、まず、注射をする医師に医療技術がないというケースがあります。

 

 

医師の場合は、下界の場合には手術は必ずしないといけませんので、手先が器用であるということは実に重要なスキルです。

 

 

ただ、そのスキルのない医師もいますから、そう言う医師に注射をされて、困ったケースになったことはあります。

 

 

具体的には、

・左右差が出来てしまったというケース

・ヒアルロン酸を注射のし過ぎで鼻の形が変形してしまうケース

・鼻を高くするためにヒアルロン酸注射を同じ所に注入すると、しこりが出来てしまいます。

 

 

上記のケースは、医師が患者のいうがままに注射をしてしまって、失敗するケースです。

 

 

もう一つのケースは医療事故に近いものがあります。

 

 

ヒアルロン酸を注入する場合には注射を使いますので、やはり上手ではない医師だと失敗するケースがあります。

 

 

一つは内出血や腫れなどです。

 

 

例えば血液検査をする場合に、血液を注射で吸引をするときに、それが上手にできなくて、腫れたり、内出血がおきてしまったという経験をしたことがありませんか?

 

 

ヒアルロン酸の注射も同じで、上手に駐車ができなかった場合には、内出血や腫れは普通に起こりえます。

 

 

特にこのケースで問題なのは、顔だということですね。

(Sponsored Link)

 

 

顔の目立つ部分でもある鼻の周辺、腫れたり、内出血をしないようにするのは、美容整形外科の医師としては当然のことなのですが、

 

 

場合によってはそれが出来ない医師もいます。

 

 

また、針で顔をさすわけですから、当然痛みが生じます。

 

 

ただ、こちらに関しては、あらかじめ痛み対策をしてから注射をしたり、麻酔入りのヒアルロン酸を注射することもありますので、痛みによるトラブルというのは、最近はあまりありません。

 

 

ヒアルロン酸の注射で一番問題なのは、血流障害です。

 

 

つまり、ヒアルロン酸を血管内に入れてしまったり、患者のいうがままにたくさん入れてしまったことで血管が圧迫されることによっておきます。

 

 

血流障害になると、どうなるのかというと、最悪の場合は、注射をした周囲が壊死するケースがあります。

 

 

皮膚が壊死するとどういうことになるのかというと、その部分が皮膚が死んでしまって、黒くなってし舞います。

 

 

更には、失明をするというケースもあるという報告もあります。

 

 

これらのケースは、医師の認識不足と技術不足によるものですので、この点はきちんと注意をしないと、施術を受ける部分が顔ですから、最新の注意が必要です。

 

 

鼻のヒアルロン酸の量や持ち!経過で横に広がる!?

 

 

鼻の美容整形でL型プロテーゼのリスク!

kouishou

また、隆鼻術の技術として、L型プロテーゼがあります。

 

 

L型プロテーゼとは、文字通り、鼻をL字型にするものです。

 

 

L型プロテーゼのメリットは、鼻尖まで高くすることができることです。

 

 

ただ、L型プロテーゼが一方であまりにもリスクやデメリットが致命的なために、あまりそれをやろうとする美容整形外科の医師はいなくなりつつあります。

 

 

具体的にはどういうリスクがあるのかというと、

・鼻尖への負担が大きく、長期的には、赤くなってしまう

・鼻先が上に上がってしまうので、ブタ鼻のようになってしまう

・渡った時に鼻先が上がらないので、ふしぜんになってしまう

・皮膚を突き破ってしまう

 

 

と言った報告があります。

 

 

全体的に顔に障害が残るケースなので、あまりにも危険です。

 

 

鼻の整形でうまい病院や名医は?維持費はどのくらい?

 

 

そもそも、ヒアルロン酸の隆鼻術は、L型プロテーゼがあまりにもリスクがありすぎるので、その代替として登場したと言ってもいいくらいです。

 

 

このように、ヒアルロン酸の隆鼻術に関しては、やはり医師の技術的な問題と意識の低さによって失敗するケースが殆んどです。

 

 

なぜならば、ヒアルロン酸自体は、身体にプラスになる成分であるにもかかわらず、様々なトラブルが発生をしているのは、医師に責任を求めることができるからです。

 

したがって、鼻をすっきりさせたいということをやろうとしたら、まずはきちんとどういう医師がいて、

 

 

彼らはどういう技術があり、どういう口コミがあるのかということを調べる必要があります。

 

 

その後何人か候補を決めたら、まずは会ってみて、その医師がどういう方針で隆鼻術を行なっているのかということを自分の眼と耳で確かめ、

 

 

その後どうするかということを自己責任おいて決めることが重要です。

 

美容整形で鼻を注射で高くする方法

 

 

(Sponsored Link)