メスを使用せず、短時間でお手軽に受けられることが利点の埋没法ですが、

 

 

簡単に受けられるからこそ取れやすいという欠点も持ち合わせています。

 

(Sponsored Link)

 

埋没法は糸で二重のラインを固定しているだけなのでいつかは取れてしまうものだと考えた方が良いですが、

 

 

元からまぶたの脂肪が少なく、皮膚も薄い二重のラインが定着しやすい人では比較的長期間二重を持続させることが出来、

 

 

反対にまぶたの脂肪が多く、皮膚も厚い腫れぼったい一重の人では早い時期に糸が取れてしまうことも少なくないです。

 

 

ですので、まぶたの脂肪が多い方は埋没法と併用して、まぶたにある余分な脂肪を部分切開したり、

 

 

または脂肪を取ったりすることで、二重が綺麗に仕上がりますし、長持ちもします。

 

 

埋没法を行う際にオプションとしてこれらの施術を付けることが出来ますが、

 

 

オプションの種類は同じような施術でも美容外科によって独自の方法があったりして

 

 

正直どれが効果的なのかわからない、迷ってしまうという人も多いと思います。

 

 

数あるオプションの中でも今回は湘南美容整形外科で行われている脂肪取りのマイクロリポサクション法について紹介していきますね。

 

 

湘南美容整形外科のマイクロリポサクション法の効果・評判

maibotsuhou-keika-2

 

マイクロリポサクションは日本語に訳すと小さい脂肪吸引を意味します。

 

 

その名の通り、マイクロリポサクション法は切開によって、

 

 

極微小の穴をまぶたに開けてそこからまぶたの余分な脂肪を取り除く手術のことを言います。

 

 

まぶたの脂肪を取り除く手術は他の美容外科でも行われていますが、

 

 

マイクロリポサクション法の場合はマイクロと頭に付く程ですので切開幅が小さく、術後目立ちにくいのが最大の特徴です。

 

 

まぶたに開ける穴の大きさはたったの数ミリなので埋没法と合わせて行った場合には

 

 

二重のラインに被せることでより傷跡がわかりにくくすることが出来ます。

 

 

マイクロリポサクション法は主に脂肪がまぶたに多くて、

 

 

埋没法を施術しても二重にし辛い場合に行いますが、

 

 

元々二重だが、腫れぼったい印象を与えてしまう場合に、

 

 

まぶたの余分な脂肪がなくなるので、二重のラインがぱっちりすることもあります。

 

 

また、一重の場合にマイクロリポサクション法で脂肪を取るだけでもまぶたがスッキリするので目の印象が大分変わります。

 

 

自分のまぶたの脂肪が多いか少ないか自分で見分けるには、アイテープやメザイク等、二重にする道具を使用して見ると良いです。

 

 

使用しても二重にならない場合には脂肪が多く、埋没法だけでは二重になりづらく、

 

 

埋没法のみでは二重のラインも取れやすい傾向にあります。

 

 

また、見た目ではアイホールと言う部分が膨らんでいる人がまぶたの脂肪が多いと言われています。

(Sponsored Link)

 

 

マイクロリポサクション法の効果は最も気になる部分だと思います。

 

 

・「元々奥二重でマイクロリポサクション法と埋没法を行った人では二重の幅が広がり目がよりぱっちりした。」

 

・「元々が腫れぼったい一重で埋没法のみでは幅広のデザインが不可能だったが幅広の二重のラインが作れたので満足。」

 

・「本当に手術を受けて良かった。すっぴんにも自信が付いた。」

 

・「まぶたがスッキリして目元の雰囲気が変わり、若返ったようだ。」

 

 

などほとんどの方がマイクロリポサクション法を行って良かったと回答しています。

 

 

湘南美容外科のマイクロリポサクション法について無料カウンセリングを受ける!

 

 

湘南美容整形外科のマイクロリポサクション法による埋没法の経過!腫れ・痛みなどは大丈夫?

maibotsuhou-keika-2

 

まぶたは全身の皮膚の中でも特に薄く、デリケートな部分です。

 

 

その部分に傷を付ける訳なので個人差はありますが多かれ少なかれ、

 

 

どうしても術後に腫れや痛みを伴います。

 

 

埋没法だけを行う場合では術後の腫れは大体2〜3日がピークになり、

 

 

1週間後には腫れはほとんど落ち着き、

 

 

1か月後にはほとんどの人が、遅くとも3か月後には綺麗で自然な二重が出来上がります。

 

 

マイクロリポサクション法を同時に行った場合だと、

 

 

数ミリであれ穴を開ける訳なのでダウンタイムももう少し長くかかりそうなイメージですが、

 

 

大抵の方は1週間程で腫れや痛みは落ち着き、1か月後には自然な目元になっています。

 

 

埋没法のみと埋没法+マイクロリポサクション法の2種類の手術を受けられたことのある方では、

 

 

術後の腫れはどちらもそれほど大差が無かったと回答しています。

 

 

ただまぶたが腫れやすい体質だったりまぶたの皮膚が固い場合等では腫れが出やすい傾向にあるようです。

 

 

痛みについては、埋没法、マイクロリポサクション法の手術では、

 

 

最初にまぶたに麻酔を打ちますので術中の痛みはありません。

 

 

麻酔が切れた術後では、脂肪を取った箇所が痛い、

 

 

目元が引きつっているようで痛いといった声がありましたが、

 

 

それも大抵の場合は2〜3日で治まるようです。

 

 

また、マイクロリポサクション法を行った場合には脂肪を取り出す際に、

 

 

開けた傷跡がどうなるかについても気になりますが、

 

 

傷跡は手術直後は赤く見えますが、二重のラインに沿って切るのがほとんどで、

 

 

切るのも2-3ミリとかなり小さい範囲なので、

 

 

徐々に傷跡は目立たなくなり、二重のラインが完成する頃にはすっかり傷跡はわからなくなります。

 

湘南美容外科のマイクロリポサクション法について無料カウンセリングを受ける!

 

 

(Sponsored Link)