大きくてぱっちりした目はとても印象的で憧れてしまいます。

 

 

最近では整形も珍しく無くなって来ましたし、プチ整形をしようと考えている方も多いと思います。

 

(Sponsored Link)

 

目頭切開の見分け方がある?傷跡をメイクで隠せる?

0121-2

 

大きい目になりたくて整形を受けようと考えた際にまず思い浮かぶのは、

 

 

二重術の埋没法や切開法だと思います。

 

 

大きい目=二重というイメージが強いからだと思いますが、

 

 

二重だから目が大きくぱっちりとした印象になるというのは必ずしもそうとは限りません。

 

 

二重にしても、黄色人種特有の蒙古襞と呼ばれる目頭の部分の襞が邪魔をする為に目の横幅が狭く、

 

 

ぱっちりした目に見えない場合もあります。

 

 

目頭切開法は蒙古襞を取り除く手術をおこない、目を大きく見せる二重術となりますが、

 

 

不自然な目元にならないように、自分にあったバランスの良い二重の幅を考える必要があります。

 

 

素人目からしても目頭切開をしたとはっきり分かる芸能人も度々見かけます。

 

 

目頭切開で不自然になってしまった症例等を上げて説明していきます。

 

 

また、切開と付くので当たり前ですが、手術では目頭をメスで切ります。

 

 

ご存知の通り、目元はとてもデリケートな部分です。

 

 

少し泣いただけでも赤くなったり、人によってはパンパンに腫れてしまったりしますよね。

 

 

そんな部分を切る訳なのでもちろん術後、しばらくの間は傷跡が目立ったり腫れや赤みが出ます。

 

 

整形したことを周りにはバレたくない人も多いでしょうし、

 

 

術後の痛々しい目元を晒して人の目を気にしながら生活を送らなくてはならないのも嫌ですよね。

 

 

目頭は中々隠すのも難しいところですし、目頭切開はしたいけれど、

 

 

術後の傷跡等が目立ってしまわないか不安で手術を受けるのを躊躇している人もおられると思います。

 

 

術後の傷跡の隠し方等も後々説明していきます。

 

 

目頭切開の後悔?失敗のリスクが3つある?抜糸後は大丈夫?

 

 

目頭切開の見分けられる状態とは

目頭切開をすることでより大きな目にすることが出来ますが、

 

 

目頭切開は蒙古襞を取り除いて、その下に隠れていた部分の目を出すだけなので

 

 

大きくするにも限界があり、欲張って沢山切ってしまうと不自然で変な目元になってしまいます。

 

 

まず「最初に目頭切開で自然な仕上がりはどのようなものか?」についてですが、

 

 

蒙古襞のあった部分が露出してピンクの肉が尖って三角形になっていると自然に見えます。

 

 

目頭切開を行った人の中ではこの三角の部分が四角く見えたり、

 

 

丸く見えたり、鳥のくちばしのように異様に細長かく尖っていたりして

 

 

不自然になってしまうことがあり、これらの目元は不自然で違和感を感じます。

 

 

目を大きくしたいが為に切り込みの幅を大きく設定して欲しいと言う患者は多いですが、

 

 

自分に合った幅よりも長い幅で切開をしてしまうと、ぱっちりとした目でも、綺麗な目元にはなりません。

(Sponsored Link)

 

 

目頭切開をやり過ぎてしまうと、目頭の幅が目尻に比べて広くなってしまい、バランスの悪い目元になってしまい、

 

 

二重施術をしたことが見分けられてしまいます。

 

 

目頭切開は赤みが目立つ?目立たなくする方法とは?

 

 

他にも、素人目でもわかりやすい見分け方として、目と目の間の距離が近く、寄り目になってしまうといったこともあります。

 

 

目と目の間の比が1:1:1が顔のバランスの黄金比率といわれています。

 

 

目頭切開をされるのでしたら出来るだけこの比率に近くなるように切り込みの幅を設定すると失敗が少ないでしょう。

 

 

傷跡をメイクで隠せる?隠す方法とは!?

0121-3

 

目頭切開は術法にも寄りますが、術後は腫れや赤みや人によっては内出血が起きてしまいます。

 

 

切開をするのでこれらは誰でも多少あり、避けることが出来ません。

 

 

術後のこれでもかと言う腫れはおよそ1週間後の抜糸の頃には大分落ち着きますが、

 

 

それでも完全に目元の傷が治ったり、不自然で無くなるまでには個人差はありますがおよそ一か月かかります。

 

 

二重の切開法の経過!腫れやダウンタイムの期間について

 

 

整形がバレたくないという人は多いですが、それまでの間ずっと家に引きこもっているわけにも行きませんよね。

 

 

抜糸を行うまでの間に傷跡を隠す為に有効なのは眼鏡です。

 

 

フチの太いものを選ぶとよりカムフラージュ出来ます。

 

 

急に眼鏡をかけ始めるのはなんだか不自然なので、

 

 

手術を受ける1か月程前から眼鏡をかける頻度を増やし、

 

 

手術を行う1週間前程からは常に眼鏡を付けておくようにするとよりバレにくいと思います。

 

 

術後は腫れは引いてきても、小さいですが傷跡は残っており、

 

 

1~3か月程かけて徐々にわかりにくくなっていきます。

 

 

その間のカムフラージュ法については、抜糸後にはメイクをすることが出来ます。

 

 

コンシーラーとファンデーションを使用することによって傷跡はよく見なければわからない程隠すことが出来ます。

 

 

カバー力はスティックタイプのものよりもクリームタイプの方があります。

 

 

また、自分の肌色よりも少し明るいくらいの方が傷跡をうまくカバー出来ます。

 

 

メイクの仕方は、コンシーラーを傷跡部分に薄く広げ、

 

 

その後にファンデーションをはたいて馴染ませます。

 

 

コンシーラーもファンデーションも今ではコンビニでも購入出来るほど手軽に手に入るので

 

 

男性でも購入しやすく、メイクも重ねるだけなので簡単だと思います。

 

 

ファンデーションを薄くポンポンとはたくようにすればメイクをしている感も出ません。

 

 

二重施術に迷っている方で美容整形外科はどこがいいの!?

 

 

(Sponsored Link)