美容整形のイメージが「プチ整形」や韓国ブームなどでだいぶ和らいできて、

 

 

実際周りでも美容整形を受けた人がいたり、そんな話題になってもあまり抵抗無く話す人が増えてきましたよね。

 

(Sponsored Link)

 

でも、まだまだ否定的なイメージも根強く残っています。

 

 

「美容整形すると一生メンテナンスしなくてはならない」

 

 

「維持に莫大なお金がかかる」といった術後の不安を煽る評判などがあります。

 

 

そこで今回は、美容整形後のメンテナンスの必要性について正しい情報を紹介しますね。

 

 

美容整形はメンテナンスが大切?

mentenansu

美容整形を専門に行なっているクリニックでも、初心者の患者さんのカウンセリングでよく受ける質問が「整形すると一生メンテナンスしないといけないんですか?」という不安だそうです。

 

 

正しい回答としては、「手術の内容や部位と、受けた手術の質による」ということなります。

 

 

まず、効果の視点で見た時、美容整形は2通りの方法に大別されます。

 

 

美容整形で半永久的に効果が持続するのは!?

一つは、効果が半永久的に持続する治療。

 

 

具体的には切開法による二重まぶたやシリコンプロテーゼなど鼻の手術、糸を使って引き上げるような手術、脂肪吸引などです。

 

 

これらは、無理のない正しい手術を受けていれば特にメンテナンスは必要ありません。

 

 

効果が限られるている美容整形とは

もともと効果が一定期間となっている治療もあります。

 

 

ヒアルロン酸注射や無理のない二重まぶたの埋没法などが挙げられます。

 

 

腫れづらい、ばれづらい二重まぶたの埋没法!おすすめ美容整形外科トップ5!

 

 

ヒアルロン酸は化粧品にもよく使われているように、自然に体内へ吸収されていく成分なので、長いものでも数年で元に戻ってしまいます。

 

 

そのため維持するためには定期的に注射しなくてはなりません。

 

 

これが手術の部位、種類によってメンテナンスが必要かどうかの大まかな基準ですね。

 

 

鼻のヒアルロン酸の量や持ちは?経過で横に広がる?

 

 

手術の質や精度によってメンテナンスが必要!?

実際に受けた手術の質、精度によってはメンテナンスややり直し手術が必要になることもあります。

 

 

例えば、きちんとカウンセリングを受けていなかったり、いい加減なクリニックで無理のある手術を受けてしまった場合です。

 

 

時々、「整形して年月が経つと崩れてくる」という恐ろしい話を聞きますよね。

 

 

これは、例えば皮膚が薄い人の鼻に極端に高いシリコンを入れた場合などに、その時は自然に見えていたのに老化と共にシリコンの輪郭が目立ってきてしまう、といった現象なのです。

 

 

どんな人にも老化現象は起きます。

 

 

手術前のカウンセリングで、その時の見た目のことだけでなく、歳を重ねた時にどうなる可能性があるかまでをきちんと話してくれるドクターやクリニックを選ぶことが大切です。

 

 

そして将来、メンテナンスが必要になった時にどのような方法があるのかなど、事前に確認しておくと良いですね。

 

 

なお、ヒアルロン酸注射は定期的なメンテナンスが必要になると書きましたが、実は半永久的な治療法よりも人気があるのです。

 

 

唇のヒアルロン酸でデメリットは?

(Sponsored Link)

 

 

それは、気軽にできること、腫れない、メスを入れない、そして気が変わったら元に戻すことができるからです。

 

 

人は誰でも年齢と共に肌のハリや脂肪のつき方が変わってきます。

 

 

人工物を入れて半永久的な効果を求めるよりも、手軽でしかもその時の見た目に合った自然なバランスで美しさを維持していけるのが、

 

 

定期的なメンテナンスも重要なポイントでもあり、人気の秘密なんですね。

 

 

涙袋でヒアルロン酸の失敗!経過はどうなる?

 

 

美容整形のメンテナンス費は?

mentenansu

さて、では実際定期的にメンテナンスをしていくには、どの程度の費用を用意しておいたら良いでしょう?

 

 

基本的に、美容整形で一つの手術に対してクリニック側からメンテナンスを求めることはあまりありません。

 

 

アフターケアとしての診察や処置の他は、個人の判断で再度カウンセリングを受けていくことになるでしょう。

 

 

ですから一律で、この部位はいくら、といった費用の出し方はできません。

 

 

ただ、老化現象による見た目の変化は避けることができませんから、アンチエイジングとして定期的なメンテナンスをする場合は、

 

 

最初に受けた手術費に近い金額が定期的に必要と思った方が良いですね。

 

 

例としてシワ取りなどに使われるヒアルロン酸注射は、数年レベルで長期持続するタイプのものが今はありますので1本10万として、

 

 

個人差がありますが早い人で1年ごとに注入を行なうようです。

 

 

ほうれい線にヒアルロン酸の効果とは!?

 

 

これは効果の持続が1年というよりは、ヒアルロン酸の保水効果で肌全体のハリやツヤが良くなることへの実感が直後の方が感じられるため、

 

 

毎日のお手入れよりも手軽に若々しい肌を保ちたいという人が短期的に来院するようですね。

 

 

芸能人の石原さとみさんは唇にヒアルロン酸注射!?

 

 

同じくシワ取りで有名なボトックス・ボツリヌストキシン注射は、注射部位ごとにだいたい5万程度の費用がかかり、持続期間は半年程度なので、

 

 

やはり一回ごとに5万程度(1カ所)は必要になってきます。

 

 

ただし、このボトックス・ボツリヌストキシンは筋肉の過剰な動きを和らげる効果があるため、

 

 

繰り返し注射を行なうことで筋肉そのものの働きが弱まり、持続期間が長くなったり効果が倍増したりしてきます。

 

 

そうなれば、少しずつ次のメンテナンスまでの期間は長くなっていきます。

 

 

やっぱり美容整形は初回が大切!?

治療の内容やクリニックによって費用はかなり違ってきますので、上に挙げたのはほんの一例ですが、

 

 

基本的に美容整形後のメンテナンスにかかる費用は特に2回目以降が割安になるというものではありません。

 

 

無駄な美容整形費用をかけずにキレイを維持していくためには、

 

 

まず初回の手術で無理の無い仕上がりになるようきちんとしたクリニックでじっくりカウンセリングを受けてから手術に臨むこと。

 

 

そして効果の持続が一定期間の治療に関しては、美容整形というよりもアンチエイジングの考え方で、

 

 

自分のペースで半年から数年ごとに継続して出せる予算を最初の時点で想定しておくことが大切でしょう。

 

(Sponsored Link)