最近笑ったりあごを引いたりすると二重あごになる、なんてことはありませんか?

 

 

そういう時は太ったかもしれない、と思うかもしれませんが、実は太っていなくても二重あごにはなってしまうのです。

 

(Sponsored Link)

 

ここでは主な二重あごの原因と、美容整形で二重あごを解消するための方法を紹介いたします。

 

 

二重あごの原因

nijyuago

二重あごの原因としてまず思い浮かぶのが肥満だと思います。

 

 

実際、肥満は二重あごの原因の一つで、細身の人よりは二重あごの人が多い傾向にあります。

 

 

これは脂肪の蓄積によるもので、そのまま放置しているとたるみやむくみの原因になるだけでなく、

 

 

睡眠時無呼吸症候群を引き起こす可能性もあるので、放置することはお勧めしません。

 

 

筋力の低下で二重あごに!?

他の原因としては、肥満と少し重なりますが、あご周辺の筋力、特にオトガイ筋という部分の筋力が低下することにより二重あごが生じます。

 

 

柔らかいものばかり食べているという方・よく噛まずにものを食べている方、二重あごに注意する必要がありますね。

 

 

よく噛んで食べるということは、筋力の維持という意味でも重要な事項なのです。

 

 

リンパの流れの悪化・肩こりも二重あごの原因に!?

また、あご周辺にはリンパ管が集中しており、筋力が衰えることでリンパの流れが悪くなり、むくんで二重あごになる可能性も高まります。

 

 

更に、肩や首の凝りに悩まされている方や、長時間パソコンを使用されている方は、

 

 

その状態を解消しようと無意識に前のめりの体勢になりやすくなっています。

 

 

その状態でいると、あごの周りの筋肉の動きを妨げてしまい、二重あごになる恐れがあります。

 

 

他にも、あごの関節が歪んでいる、嚙み合わせが悪い、左右の歯を平等に使っていない、といった状態が続くことも二重あごの原因に挙げられます。

 

 

特に関節の歪みは肩こりやめまい、ひいては内臓疾患を引き起こすこともあるので、もしかしたら、と思う方は歪みを無くすようにしましょう。

 

 

また、骨格の問題で、下あごが小さい方は特に脂肪が溜まりやすかったり、皮膚が溜まりやすくなったりするため二重あごになりやすい傾向にあるようです。

 

 

二重あごを美容整形で解消する方法

nijyuago

(Sponsored Link)

では、実際に美容整形で二重あごを解消するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

一口に二重あごと言っても様々な原因があるので、原因に合わせた施術を行います。

 

 

時には複数の施術を組み合わせて行うこともあるようです。

 

 

肥満の方、つまり皮下脂肪により二重あごが出来ている方の場合、大量に脂肪がついていれば脂肪吸引を行います。

 

 

頬やあごの脂肪は落ちにくいので、手っ取り早く脂肪を無くすには脂肪吸引が効果的です。

 

 

美容整形の脂肪吸引で失敗しない病院やクリニックは?

 

 

二重あごの解消に脂肪吸引の方法とは!?

カニューレと呼ばれる細い管を傷跡の目立たない位置から挿入して脂肪を吸引します。

 

 

その後は皮膚を引き締めながら定着させていくため、皮膚がたるむ心配も無いそうです。

 

 

脂肪が少ない場合は、脂肪吸引を行うと皮膚に凹凸が出来てしまうため、代わりにメソシェイプフェイスという施術を行います。

 

 

これは脂肪細胞を溶かす成分を注射することで二重あごを解消する、という方法です。

 

 

今までの脂肪溶解注射は強い腫れが続き、痛みも大きかったのですが、

 

 

メソシェイプフェイスの場合、腫れがすぐに引き、痛みも少ないため、安心して施術を受けることが出来ます。

 

 

脂肪が少ない方は勿論、多い方でも何度か注射を受けるという形で効果的に二重あごの解消が出来ます。

 

 

むくみによって二重あごが出来てしまっている方は、カーボメッドという機械を使います。

 

 

妊娠線の解消や部分痩せに用いられることが多いようですが、二重あごの解消にも効果を発揮します。

 

 

カーボメッドでは炭酸ガスを注入するのですが、炭酸ガスには血液に含まれる酸素を放出させる効果があり、

 

 

注入された部分のみ有酸素運動を行った状態になるため、代謝の向上が見込めます。

 

 

このため、むくみの改善が目的ですが、脂肪の量を減らす効果もあります。

 

 

大体週に二回、計10回の施術を受ける必要があるので、時間はかかりますが、

 

 

細い針を注射するだけで施術が受けられるため、腫れの心配もほとんどなく、リスクも低いと言えます。

 

 

シリコンプロテーゼで二重あごを解消!?

骨格の問題による二重あごの場合はヒアルロン酸注射やシリコンプロテーゼなどといた施術を用いてあごを出すことにより、二重あごを改善させるという方法です。

 

 

ただし、舌骨と呼ばれる、あごや首の筋肉の多くが付着する骨の位置までは変えられないので、

 

 

舌骨の位置のせいで二重あごになっている方の場合、完全に治すことは出来ないようです。

 

 

一般的に、ヒアルロン酸注射の施術にかかる時間は短く、腫れもほとんどないそうですが、

 

 

長期持続するものでも数年で体内に吸収されてなくなってしまうらしく、一度行えばよいという施術ではありません。

 

 

一方、シリコンプロテーゼは一度行えば半永久的に効果が持続しますが、プロテーゼを挿入するために切開する必要があり、一週間ほど腫れが続くようです。

 

 

どちらも安全性は高く、自然なあごのラインを作り出すことが出来ます。

 

 

顔のむくみ解消や小顔に効果的なbnls注射とは?品川や湘南美容外科の口コミを比較!

 

 

(Sponsored Link)